車の鍵を閉じ込めた時の最良の行動とは?

“あなたは車の中の鍵で外に出たときにロックがロックアウトされていますか?”という話を聞いたことがありますか?

それはインロックと呼ばれ、外からドアを開けることはできません。

特に出かける時や、旅行やドライブでしばらく休憩を取るときは、ロックがロックされていても車を開けないと非常に面倒です。

私は車の中で鍵をロックする経験がないとしても、将来私の車、家族、知人の車でこのような問題が起こるかもしれません。

しかし、それに対処する方法を理解していれば、緊急時に慌てることはありません。

今回は、車に鍵をかけたときの対処方法を紹介します。

ワイヤーまたはワイヤで車をロック解除する

キーを車に固定するときキーを開く1つの方法は、ドアの隙間からワイヤーまたはワイヤーを開き、それを開くことです。

①窓が全く開いていない場合は、マイナスドライバーやメタルスパチュラなどを差し込んで車のドアに隙間を空けてください。

②隙間から芯線を挿入してください。

金属製のハンガーを使用する必要があります。

③最後にワイヤでドアを押して(引っ張って)ドアロックを開けます。

ただし、一部のモデルをこのように開くことはできません。

とりわけ、この方法では、車に傷がつく。

さらに、鍵自体をドアで壊す可能性を否定することはできません。

ドアで鍵を壊すと、修理費が非常に高くなります。

この方法を使用する場合は、そのような危険性も留意する必要があります。

あなたが躊躇したら、他の方法を試してみてください。

車の窓を壊して鍵をかける

たとえば、夏のような暑い日に、車内に子供やペットを残してキーをロックした場合、すぐに対応する必要があります。

この場合、窓ガラスをすぐに壊しましょう。

将来的には様々な影響を受けないことを考慮して、後席の窓ガラスを壊して鍵を開けることができます。

窓ガラスを壊すことに躊躇する気持ちがあるかもしれませんが、緊急性が高い場合は避けられません。

ハンマーを使って車の窓ガラスを壊す方法が考えられます。

しかし、コインとビニール袋があれば、それを壊すことは可能です。

1円硬貨以外の硬貨をビニール袋に入れて持ち、小さな変化をしっかり締める。

そして、あなたが激しく殴ると、窓ガラスが壊れます。

破損したガラスでけがをしないように注意してください。

JAFに車の鍵を開けさせる

キーを安全かつ確実に開こうと思っている場合は、JAFなどのロードサービスに対応させるのが最善です。

JAFは自動車トラブルの専門家であるため、対応できない車はほとんどないと言われています。

JAFにご加入されている場合は、インロックの場合は無料で対応しますが、参加しない場合は次の料金が発生します。

一般道路の場合

・8時から20時まで(昼から夜):12,880円

・20時から8時まで(夜間・早朝):14,940円

高速道路の場合

・8時から20時まで(真夜中から夜まで):14,940円

・20:00〜8:00(夜間・早朝):16,990円

車にキーを閉じ込めたトラブルは確かですが、バッテリーの立ち上がりなどの不具合が発生してもJAFに参加しても安全です。

ただし、JAF会員の方は入場料2,000円、年会費4,000円が必要ですので、ご了承ください。

業者に車のキーボードを作ってもらう

また、車のキーがロックされているときに、業者に車のキーを尋ねる方法もあります。

特に問題をすばやく解決したい場合は、キーの製造元に信頼できる業者を探すよう依頼してください。

また、業者が円滑に働くためには、以下のことを確認してしっかりと伝える必要があります。

自動車メーカーと年、グレードなど

しかし、車検証が車内にあり、モデルやモデルなどについてよく分からなければ、選択肢はありません。

停車位置

あなたは車がどこに駐車されているか教えてください。

家の駐車場にある多階建ての駐車場に位置する●●の駐車場のような停止位置を教えましょう。

車の状態

車のキーをロックして開けないなど、車の状態を説明しましょう。

キータイプ

キータイプがあらかじめわかっている場合は、業者にとって参考になります。

特に、キーを使用できないなどの問題の例は、イモビライザ(電子読書装置)が取り付けされているかどうかに気付かなかったため報告できません。

イモビライザーが取り付けされているかどうかを確認するには、作業内容と必要な機器が明確になるため、業者に確実に通知することが重要です。

・イモビライザーで車を区別する方法

車のメーターを見て、キーマーク(キーの形のマーク、ロックマークなど)が現れたら、イモビライザーが取り付けられていると考えられます。

“SECURITY”などと書かれた文字は、キーマークの代わりに点滅している可能性があります。

あなたが急いでする必要がない場合は、状況を車を買ったディーラーに指示してキーを作る方法もあります。

業者に尋ねると、数日から1週間はキーを再生できます。

車のキーを作る方が安いかもしれません

あなたが車の鍵をロックしていれば、何とか車を開く方法を考えるかもしれません。

ただし、電線などで自分で開けると車が痛くなり、最悪の場合、ドアごとにキーが壊れることがあります。

車の修理費用が高いので、特にドアが各ドアで壊れている場合には、高価な修理費が発生することを予測することは容易であろう。

また、窓ガラスを壊すと約2万円の修理費用がかかります。

緊急時にJAFに参加すると、安心してお応えできます。

ただし、JAFに入会しないと、12,880円以上の費用がかかります。

それよりむしろ、車の鍵を作る方が安いかもしれません。

業者にキーキーを作成するよう依頼するとき

・一般的なキー:約12,000円です。

・特殊キーの場合:約28,000円の場合が多いようです。

まとめ

車は非常に便利ですが、突然トラブルが発生したり、予期せぬトラブルが発生する可能性があります。

たとえ車のキーをロックしても、緊急事態に対処する方法を念頭に置いて静かに対応することができます。

対策を講じ、安全な車の生活を送ろう。

関連記事

ページの先頭へ